猛スピードで追突され、足の感覚がなくなる程の怪我を負いました(30代・男性)

実際に事故に遭われた方に体験談と解決までのエピソードをインタビューしました。

line

交通事故質問簡単なプロフィールを教えてください。

名前:すがマサ
年齢:30代
性別:男性
職業:酪農業

交通事故質問事故に遭われたのはどなたですか?

自分自身です。

交通事故質問事故の状況や被害の内容などその時の様子について具体的にお書きください。

19歳の時、見通しの悪い両方共一時停止のある十字路で事故に遭いました。

私は一時停止をし左右を確認してから直進をしました。
すると左側から猛スピードで来た車に側面を追突されて横転しました。

どれ程の衝撃だったかというと、助手席のシートが自分の上に乗り助手席側のドアが真横にありました。
シートとピラーに首が挟まり、左足も挟まり気付いた時には感覚がありませんでした。

幸いな事に、消防署から約2分という近場であったという事と、追突して来た車両は警察から追われていて、警察からの救助要請が早かった事で大事には至りませんでした。
(脚は強く圧迫された事によるちょっとした麻痺です)

相手はシートベルトをしてなかったのでフロントガラスに激突して顔面を骨折したり切れたりでした。
私の車両は大破で廃車になりました。

交通事故質問事故後の解決・示談交渉の結果についてなるべく具体的に教えてください。

当時は未成年だったので全て親に任せました。
自分の方の保険屋と、相手の方の保険屋とも話をしたので、保険屋同士での話合いで解決したものと思われます。

相手は現行犯で逮捕され、その後一度も会っていません。
謝罪の言葉も本人からはありませんでした。
相手の家族からの謝罪はありました。

相手の保険屋からは治療費と代わりの車を用意してもらいました。
相手の家族からは謝罪の名目で20万円頂きました。
本来であれば10対0にはならないのですが、相手側に過失があるというのを認めたために10対0になりました。

警察からは、訴えて裁判起こしますか?と聞かれましたが、私はちょっとケガをした程度でしたし、車も代わりのを用意してもらえましたし、相手側から貰える物は貰ったので訴える事はしませんでした。

line

山本コメント裁判をせず、弁護士を挟まずの上で想定内の金額を貰えた示談とのことで安心しました。
(自分が保険会社に良いイメージがあまり無いから余計に)

加害者本人に誠意が感じられませんでしたが、ご家族の方が対応をしっかりして下さったのが幸いでしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加